はじめに

(2020-6-7: 随時更新予定)

【特別研究プロジェクト|オンラインによる質的調査の可能性】(2020年夏季休校期間実施予定)
新型コロナウィルスの感染拡大にともない、フィールドワークやインタビューに代表される質的調査(定性的調査)の再定義・再編成が必要となった。とりわけ、人びとの暮らしに接近し、能動的にかかわりながらその意味や価値を理解しようという試みは、対面での「密な」コミュニケーションを前提として成り立っており、現在の状況下では、調査研究そのものが大きな制約を受けている。
いっぽう、コロナ禍における会議や講義のオンライン化の試みをとおして、あらたな〈現場観〉が醸成されつつある。さまざまなメディアを駆使し、さらに時間・空間を再編成することによって、定性的調査のありようはどのように変化するのだろうか。
本プロジェクトでは、人びとの移動、集まり、社交などのふるまいをとらえなおし、オンライン環境における質的調査について検討する。個人または小グループによる議論をとおして、オンラインによる質的調査に資する教材や情報共有のための仕組みを考案し公開を目指す。

Exploring the possibilities of qualitative research online (Summer, 2020)
With the spread of COVID-19, it became essential to redefine and reorganize qualitative research, represented by fieldwork and interviews. In particular, attempts to understand the meaning and value of people’s day-to-day lives while actively engaging with them are based on the premise of “close” face-to-face communication. Under the current circumstances, research itself is severely constrained.
On the other hand, through the attempt to bring meetings and lectures online in the aftermath of COVID-19, new ways to understand the notion of “field” is being fostered. How will the nature of qualitative research change through the use of various media and the further reorganization of time and space?
This project examines qualitative research in an online environment by recapturing people’s behaviors such as movement, gathering, and socializing. Through individual or small group discussions, we aim to devise and publish educational materials and information-sharing procedures that will contribute to online qualitative research.